• HOME
  • アクセサリー
  • SAGEN(セーゲン)ピアス / Gustavsberg(グスタフスベリ)/ Bersa(ベルサ)/ アクセサリー

SAGEN(セーゲン)ピアス / Gustavsberg(グスタフスベリ)/ Bersa(ベルサ)/ アクセサリー

販売価格:

14,040円(税込)

購入数:

スウェーデンを代表する陶器メーカー、Gustavsberg(グスタフスベリ社)やRorstrand(ロールストランド社)、Gefle(ゲフレ社)など北欧のヴィンテージ陶器をリサイクルしてジュエリーを創作するSAGEN(セーゲン)のジュエリーコレクション。

1960年〜1974年に北欧デザインの巨匠、Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)によって制作されたBersa(ベルサ)のシリーズ。"葉"を意味するBersa(ベルサ)は、北欧デザインのファンに永遠に愛され続けるデザインです。

そんなBersa(ベルサ)のヴィンテージ陶器の破片から作られたピアス。
ノスタルジックな歴史を感じさせるヴィンテージ陶器がアクセサリーとして美しく生まれ変わり、新たな輝きを放ち始めます。

日常使いに使いやすい、かわいいピアス。

日常使いに使いやすい、かわいいピアス。

小ぶりな葉っぱがかわいい、ナチュラルなピアス。日常使いに、耳元をさりげなくおしゃれにしてくれます。
日々のコーディネートに人気のBersa(ベルサ)のデザインを取り入れれば、おしゃれもワンランクアップしそうです。北欧デザインの陶器を身にまとうと、ちょっとしたお出かけも楽しみになりますね。

環境にも優しい、リサイクルシルバーを使用。

環境にも優しい、リサイクルシルバーを使用。

シルバー部分には、リサイクルシルバーを使用。環境にも配慮した、100%環境にやさしいアクセサリーです。シルバー部分には、SAGENの刻印入り。

ヴィンテージならではの傷みも、歴史を感じさせます。

ヴィンテージならではの傷みも、歴史を感じさせます。

長年大切に使われてきた陶器のプレートや器から作られるアクセサリー。
傷や傷みがある場合がありますが、それもヴィンテージならではの歴史を感じさせます。

世界に一つだけ。とっておきのオリジナルジュエリー。

世界に一つだけ。とっておきのオリジナルジュエリー。

ヴィンテージ陶器の破片を再利用し、ひとつひとつ手作りで作られているため、もともとの陶器のもつ趣によって、仕上がりや陶器部分のサイズ、色合いなどが少しずつ異なります。
世界に一つしかない、とっておきのオリジナルジュエリーです。

SAGEN オリジナルギフトボックスに入れてお届け。

SAGEN オリジナルギフトボックスに入れてお届け。

オリジナルギフトボックスに入れてお届けいたしますので、自分へのご褒美として、また大切な方へのプレゼントにもオススメです。

ブランド SAGEN(セーゲン) 生産国 SWEDEN(スウェーデン)
素材 ヴィンテージ陶器
リサイクルシルバー(シルバー925)
サイズ 約W11 × H 13 × D 5 mm
備考 ※こちらは1点もののため、現品となります。
※陶器の部位により表面がカーブしている場合があります。
※陶器部分はヴィンテージですので、陶器自体の柄のかすれや小さい傷などが見られる場合があります。
※陶器部分は強く打ち付けたり落としたりすると破損する場合があります。
※湿気や水気の多い場所ではご使用をお控えください。
※お使いにならない時は、他の貴金属とは別にし、箱や袋に入れて保管してください。
※シルバーチェーンが酸化してしまった場合は市販のシルバークロスで磨いてください。

インフォメーション

SAGEN / セーゲン

SAGEN / セーゲンセーゲンは、スウェーデン南部地方の街マルメにアトリエを構える Elin Sigren (エーリン・ シグレーン)がデザインするジュエリーレーベル。「Sagen」とは、スウェーデン語で「伝説」を意味しており 「ノスタルジックだが時代を超越した、永遠に使うことができるハンドメイド・ジュエリーを作る」 というエーリンの持つ哲学にぴったりの名前です。

デザイナー / Elin Sigren エーリン・ シグレーン

デザイナー / Elin Sigren エーリン・ シグレーン陶器の破片をジュエリーにするというアイディアは、2006年、夏の休暇中、バルト海に浮かぶゴットランド島で生まれました。この島は彼女が18歳になるまで住んでいた故郷。エーリンは、夏の間、石を粉砕する方法を学び、島のフリーマーケットで みつけてきた陶器を粉砕し続けたと言います。
「昔の陶器を見ていると、子供の頃、おばあちゃんの家で家族みんなで食べた日曜日の食事を思い出すの」とエーリンは語ります。 思い出の食器が欠けてしまっても、こんな風にリサイクルをすることで、永遠に使い続けることができるのです。
2007年にSagenとしての活動が本格的にはじまりました。古い陶器の持つ独特の味と温かみをそのままジュエリーとして身につけることができる彼女の作品は、2010年にロンドンのファッションウィークに出展してから世界中で人気を集めています。